出来高とは、証券取引所で売買が成立した
株数を表します。


例えばソニーの株が売買されたその日、成立した売買の数が出来高です。

株式投資の盛り上がりは、出来高を見れば、わかります。

出来高が多い状況は、活況である状況を示し、その銘柄は人気化しており、

上昇傾向にある場合が多いです。


逆に出来高が少ない状況であれば、市場が閑散・見送り気味である感じとなり、

株価も下降傾向にある場合が多いです。


しかし、システムトレーダーの私にとっては、出来高で検証すると、

何とも言えない状況が発生します。

出来高の活用方法

例えば、その日の出来高が100万株以上の銘柄を抽出したい場合、


単元株数が1000株単位ならそれでも、OKですが、

単元株数が1株単位の銘柄も、多数存在していますので、

出来高をチェックした場合、そのような比較方法を用いると、

単元数が、1株単位の銘柄が、対象外となってしまい、

あまり意味をなさない形となってしまいます。



同銘柄内で前日比の出来高をチェックする場合には、

出来高が増えたとか、減ったなどと言う事に意味はありますが、


他の銘柄と比較する場合には、出来高数で比較するのは、難しいです。


そこで、売買代金に注目すると、比較的に比較が容易になります。


どんな銘柄に多くの資金が流入しているか?に着目する訳です。


出来高をシステム検証


売買代金=株価×出来高なので、単元株数が1株でも、

株価が高い場合が多いので、影響は受けにくくなります。


また、売買代金が小さい銘柄は、思ったような値で売買出来ない場合が多いので、

検証と、現実との差が生じる可能性が高いので、そのような状況の銘柄は、除外し、

売買代金の大きい銘柄を狙います。


私が逆張り銘柄を狙う場合には、5日間の平均売買代金が5千万円以上ある銘柄を

対象とする事が多いです。


東証1部の銘柄をターゲットとする場合には、5日間の平均売買代金を更に多くして、

7億円以上の銘柄を狙う場合も多いです。


その方が、成功率がかなり高まります。
(バックテストでも確認済みです。)

値動きや、売買代金、前日比、などの細かい数値を少しずつ変化させて

どの要因が変化すると、どのような結果の違いが生じるか?研究し

どのようにすれば、最高のパフォーマンスが得られるのか?

研究し資料付きソフトを作成してみましたので、

こちらを、参考としていただければと思います。

暴騰銘柄抽出ソフト


 NEXT  サイコロジカルラインとは


出来高についてでした。