銘柄選定のための作業方法とは?


銘柄選定作業の基本についてですが、

皆さんは、どのように銘柄を選定されていますか?

私の友人は、PERとか、PBRの数値を見て、割安だと感じたものを、

選んだりしているようでした。


その時の会話を思い出すと、

PERが25倍(30倍以下が割安とされている)

PBRが0.7倍(1.0倍以下が割安とされている)だから

これは、お得な狙い目な銘柄だ・・・


よし!これを買おう!



おいおい、ちょっとまってくれー!」←私!


その銘柄は何だ?


農業系の企業だろ?


と言う事は、同業種の銘柄と比較して割安か?判断するべきじゃないの?



それに、農業系なら資産価値から、株価が割安か?判断すると数値が変になるんじゃない?


農業系は、沢山の土地を必要とする業種でしょう?


ミクシーや、比較・comなど、土地を必要としないネット系企業と比べると、

割安とか言えなくなるのでは?


逆にミクシーを、資産価値から株価を判断する人も居ました。

資産が無いからミクシーの株価は、割高だと・・・


それも、「おいおい」と言いたかったのですが、

あまりにも得意げに話されていたので、何も言えませんでした。


自称プロと言っている人達で、こんな感じです。


銘柄を選定するためには?


どのような銘柄を選定したいのか?にもよりますが、

個人投資家なら、短期間で利益が出やすい銘柄を選定するのがセオリーだと思います。


それが、割安だとして、その銘柄を抽出するためには?


ただ安いのを、選ぼうとしたり、RSIやボリンジャーや各種指標を活用しようと考えたりするかも知れないですが、

ほぼ、全ての考え方、やり方は、間違っています。

検証しても、良い結果など得られませんでしたし、間違っているのだから、

良い結果を得られないのは、当然です。


割安を狙うのは、OKなのですが、

どのようなもを、割安だと認定するのか?が間違っていると言う事なのです。


私達は、この地球上の一つの国の、一つの銘柄の、一つのタイミングで

売買しようとしているのですが、

割安かどうか?は、企業収益に対して判断?企業価値で判断?

そんな単純な材料だけで、判断するなんて、単純過ぎやしませんか?


全銘柄が、割安の現状況で、10年前に書かれた本を引っ張り出してきて、

PERやPBRで判断しようとしている地点で、どうかしていると思います。


一言で、どのように銘柄を抽出するのか?と言いますと、


全ては「対比」、徹底的な「対比」を行う事により、初めて、適正な割安銘柄を抽出出来ます。


全世界と日本との対比

日本と、その業種の対比、

その業種と、その銘柄の対比、

3ヶ月前と、現在の対比、

1週間前と、現在の対比、

3日前と、現在の対比、

出来高の対比、

価格の対比、

期間の対比、

東証1部銘柄が値上がりした銘柄数の前日比

と言った具合に、知識では無く、必要なのは対比作業により感じられる

感性」です。

この感性により、値動きが決まると言っても過言ではありません。


↓日経平均と売買代金の比較



↓日経平均と売買代金の比較



↓日経平均と東証1部銘柄値上がり数の比較


上図から何か?感じられるものがありましたでしょうか?何が見えてきましたでしょうか?


対比作業→感性→安いと感じる→上昇の値動きの展開へ→


感性と言う言葉で、何やら誤魔化している感じもありますが、

それは、検証作業により、数値が決まってきます。


私の場合は、こちらで感性の数値を明確にしておりますので、

参考としていただければ、一生の財産となりますので、参考にして下さいね。


         ↓↓↓

      暴騰銘柄抽出ソフト




また、直接、セミナーにて講義サービスも行っております。

新しい相場の考え方、とらえ方、

斬新な角度から、間違った相場に対する見方に気付きを与え、

本当に稼げるトレーダーに育成するセミナーを開催いたします。

過去には、無い、誰もやっていないタイプのセミナーとなる予定です。

得られる物も、全く違い、短時間で稼げる自信を身に付けていただけます。

聴いて損は無いので、是非、全ての予定をキャンセルしてでも、

聴きに来た方が、得です!

     システムトレードセミナー



また次回も、普通投資家では語れない、より突っ込んだノウハウをお伝えいたしますので、

お楽しみに!では、またメールでお会いしましょう。(セミナーで会いに来て下さいね。)



銘柄選定作業の対比方法についてでした。          売買タイミングの計り方とは?