モメンタムとは?




モメンタムとは、方向性を表現する際によく使われる。

業績の勢いや、株価の方向性、勢いなど、上昇傾向が続けば、

強い上昇のモメンタムが見られる!などと表現される。


相場の勢いを表現するテクニカル指標として用いる事も出来ます。

モメンタムの計算方法

モメンタム=現在値-N日前の価格

Nには、25日や75日を入れる場合が多いです。


何が求まるのか?

例を挙げて考えてみたいと思います。


現在値=300円だったとします。

25日前の価格=250円だったとします。


モメンタム=300−250=50となり、

+50円なので、25日のモメンタムでは、上昇のモメンタムと言えそうですが、

モメンタム=1000−950=50でも、同じように

+50円となるので、実際にはパーセンテージで表現しないと、

勢いは、見えてこない。



また、一般的にモメンタムが上昇傾向なら、買いとされ、

下降傾向なら、売りとされるが、

ただの方向性や、勢いの傾向から、売買の判断は出来ないと考えた方が良い。


もし方向性を考えて、売買判断をするなら90日移動平均線を使用する事をお勧めする。

私の20年に渡る検証結果からは、25日前後でのデーターから方向性を判断する事は、

全くと言って良い程、精度は低く、使い物にならない。


25日のモメンタムを使った場合には、方向性では無く、反発するかどうか?を示す状態に近づく。


何日前の価格を使うのか?

その日数により得られる数値の意味は違ってくる。


それを、把握せずに、数値だけを知っても、使い方を知らなければ、

モメンタムを間違った使い方、解釈をしてしまうので、注意していただきたい。


もう一つ、付け加えますと、モメンタムがマイナスからプラスに転じると買い!なども

迷信に過ぎません。


どんな状況で売るのか?

何日程度、保有するのか?

その他、色々な要素が絡み合いますし、

その買い条件で、利益を出すのは、非常に難しいと考えています。


その理由をこちらで詳しく解説しておりますので、

参考としていただければと思います。


              システムトレードの考え方




NEXT  ペイオフレシオとは

モメンタムについて