売買タイミングの計り方とは?



売買タイミングで、最適なタイミングを計る方法として、

森を見て木を見て、枝を見る感じで、タイミングを計っていますが、

それは、相場の流れに置き換えますと、

全世界の相場、マネーの流れをチェックして、

それに対して、日本の株価位置、流れ的にどの様な状況か?を見て、

世界からマネーが流入してくるのか?

逆に流出していくのか?

相場を見ている人々は、資金を動かしたいのか?

止めておきたいのか?

そのあたりをチェックし、予測し、統計的にどうなのか?を見ます。






勿論、予想外の動きやチェックし忘れたり、勘違いしている時も発生しますが、

なるべく、世界全体の流れを頭に入れます。


上図では、中国が正月休みなのを忘れて、日本の元気の無さに、頭をかしげておりましたが、

そのような状況が、無いように、注意して、おく必要もあります。


世界が活況になりだしたら、日本がそれに対して、出遅れてると感じるなら、強気で攻めたり、

逆に、日本だけが、上げ過ぎていると感じるなら、やや守りを強化したりと・・・調整しながら、

世界との対比を考えます。





その後どんな銘柄を買うべきか?に視点を移していきます。


日本の流れ的に有利な状況にきていて、更にその中でも個別銘柄的に有利な状況にきている銘柄は何なのか?

それは、約4000銘柄を、チェックしてまわる訳にはいきませんので、

システムに、抽出させます。


例えば・・・急落後の反発など・・・




どれぐらいの急落で、反発してくる可能性が高いのか?

過去、18年間の統計結果より、可能性が高い順番に並べて、

システムに抽出させるので、勝率、利益率共に、かなり上昇します。


世界の流れから、日本が安全水域に来ている事を確認し、

その中でも、有利な銘柄を抽出し、

タイミング、銘柄的に非常に安全性を重視したトレードを行い、

資産を増やし続けるように売買していかないと、とても相場で稼ぎ続ける事は出来ません。



また、私が持っている全ての相場チェックリストを、手で一々、確認していく訳には、いきませんので、

システムを活用する事が、非常に重要です。



ちなみに、私が持っているチェックリストを、クリアーすると、どのように統計的に有利になり、

何が重要な要素であるのか?

どんな移動平均線を使うのか?

どれぐらいの出来高がある銘柄を狙うべきなのか?

反発を狙うにしても、他との連携が重要なキーポイントです。


これは、システムトレーダーのみが気付く事を、詳しくマニュアルにて解説しましたので、

こちらを参考としていただければ、生涯、得られる利益、気付きは、

現在の状況と比べると、雲泥の差がありますので、

相場にチャレンジする前に、最低限、こちらを把握していただければと思います。


         ↓↓↓

      暴騰銘柄抽出ソフト




また、直接、セミナーにて講義サービスも行っております。

新しい相場の考え方、とらえ方、

斬新な角度から、間違った相場に対する見方に気付きを与え、

本当に稼げるトレーダーに育成するセミナーを開催いたします。

過去には、無い、誰もやっていないタイプのセミナーとなる予定です。

得られる物も、全く違い、短時間で稼げる自信を身に付けていただけます。

聴いて損は無いので、是非、全ての予定をキャンセルしてでも、

聴きに来ていただければと思います。

     システムトレードセミナー



また次回も、普通の人では語れない、より突っ込んだノウハウをお伝えいたしますので、

お楽しみに!では、またメールでお会いしましょう。(セミナーで会いに来て下さいね。)



利益の出る売買タイミングの計り方についてでした。                    損小利大は儲かるのか?